その他

下地材や使用塗料によって耐用年数が大きく左右されるため、一概に何年くらいとお応えするのは難しいです。
基準としては、「塗膜のツヤがなくなった時」が塗り替えのタイミングと言えます。チョーキング現象や菌類の発生、ひび割れの目立ちなどは塗装では解決できなくなる可能性があるため、何か不具合に気付いたら早めにご相談ください。

出来具合には影響はありません。
しかし、極端に天候が悪いと施工そのものが出来ないため、工期がずれ込むことはあります。

PAGE TOP